ヒーロー

Screen Shot 2015-03-19 at 11.51.40 PM

数年愛用していたiPhoneを
事情があって手放したあと、
アンドロイドのスマフォを
使用し始めて約一ヶ月が経過した今、


自分でもあら???と
驚く間もないほど、あっけなく
スマフォ依存を克服してしまった(笑)。


以前のように
数分ごとに画面を覗き込んで
あれこれいじくってみたり、
何かいい場面を見つけたら
すぐに写真を撮ってみる、


などということが皆無になり
電源すら切っていることが
多くなった(笑)。


その理由はただ一つ。


使うのが、楽しくないから。


見ても、触っても
全く面白くない。


機能的には正常なのだが
【なにか】が物足りない。


きっと、
その【なにか】という
プラスアルファの部分が
ユーザーや消費者を
虜にする秘密なのだろう。


アップルの全商品には
多かれ少なかれ、
このプラスアルファ要素が
含まれているような気がする。


世界一のファンタジーランドを
誇るディズニーも然り。



ウォルト・ディズニー氏が
創り出した魅惑の世界が
ディズニー・マジックという
言葉で形容されるように


そのプラスアルファは
事実、魔法のようなもの
なのかもしれない。


ウォルト・ディズニーさんは
もちろん、改めてジョブスさんや
アップルのデザイナー軍団の凄さに
敬服の念を覚える。


それまでの常識やルールを破り
次々と新しい夢を実現化して
世界に生み出してきた彼らは
本物の英雄たちだなと思う。


******************
よろしければ、ご協力お願いします。


この下に表示される動画やリンクは
当ブログとは関係ありません。(・ω・)


広告

ヒーロー」への2件のフィードバック

  1. 激しく同感です

    私も、10年ほどデザイン業していましたが、Apple製品は、OSだけ見ても使いやすさに加えてモチベーションを上げる要素がありますよね!

    これはジョブズの偉業なのでしょうね

    今後、ジョブズの築き上げたApple特有の空気感とブランディングをどこまで育てていけるか…
    Appleファンとして見守りたいです

    • 素敵なイラスト拝見して、そうなんだろうなーと思っていましたが、やはりプロのデザイナーさんだったのですか!!! (o・∀・)b

      私は、ジョブス氏が亡くなったあとでリリースされたiOS7のデモを見た直後、

      「あ、こりゃ駄目だわ・・・」

      とかなり失望し、元同僚らの間でも、ブーイングや、ジョナサン・アイブのデザインを馬鹿にしたジョークまとめのリンクが回されたりしてましたが、気がつけば、いつの間にか落ち着いて、すっかり以前の信奉者たちに戻っていたのが、アップルというブランドが持つ力の凄さでしょうね(笑)。

      正直言うと、個人的には「ジョブスさんなら、こういうのはやらなかっただろうな・・・」という想いが時々フツフツしてくることはありますが、それでも他社の商品に較べると、断然に魅力的だと感じることは確かなんで、私もファンの一人として、見守りたいと思います。^^

コメントは受け付けていません。