ダイジの詩

オ◯ム真理教の人らが
彼の著作を教科書がわりに
していたとか何とかで

同じくカルト教祖様的に
危ない人だと思われている
ダンテスダイジという人。

たとえ彼がそういう
胡散臭い人だったとしても
本物の覚者だったとしても
そういうこととは関係なく

彼が発信する内容は
私にはとても響くので
そのうちのひとつを
シェアします。

忘れ果てるがいい
by ダンテスダイジ

何を語れば、いいというのだ。

語るべきものなぞ何一つとてない。

石ころは、一体何を語っているのだろうか。

形あるものは必ず死ぬというのに。

すべてのすべてを見破ったら

おろかに、

なにもかも忘れ果てるがいい。

私は髪の毛、一本、

白くも黒くもできはしない・・・



あと余談ですが、
ダイジさんは長身の
イケメンで喧嘩(武道?)も
強かったそうです。 (・∀・)


******************
よろしければ、ご協力お願いします。

この下に表示される動画やリンクは
当ブログとは関係ありません。(・ω・)

広告