鷹匠になった日

IMG_0098.PNG

先日長年の夢だった手乗り鷹を
初経験しました。

トレーナーさんの指示通りに
腕を上げて名前を呼んで合図すると、

キリッとした眼をした
それはそれは美しい鳥が
大きな翼をばっさばっさと広げ
しゅぱぱぱーっとこちらに
向かって飛んできて、しゅたっ!と
手の上に止まった時の感動は
筆舌に尽くしがたく。。。

私の熱意につられて今回一緒に
参加した、初めは大して乗り気でも
なかった友人も、何度か手乗り経験を
した後は、片思い中の中学生女子の
ようになってしまい、目は潤み、
視線はずっと鷹のディエゴ君に釘付け(笑)。


今回、衝撃の出会いで一目惚れした鷹のディエゴ君。

聞くところによると
鷹狩りというのは、かなり昔からの
習慣らしいので、ひょっとしたら
人間のベストフレンドと言われる
犬と同じか、それより古い間柄なのかも。

狩りは別にしたくないけど、
一度、鷹を肩に乗せて一緒に野山を
散歩してみたいものよと妄想を
更に膨らませている今日この頃。

このときめき感は、もはや恋。

ディエゴ君は友人に譲り
私は光源氏のごとく
別の鷹をヒナから育てて
ラブ・トライアングルは
避けたいと思います(笑)。

よろしければ、ご協力お願いします。

*この下に表示される動画やリンクは、うちとは関係ありません。(・ω・)

広告