盲点攻略法

先日、友人がお弟子さんたちに
していた話の中で【盲点】に
関する内容があり、私も非常に
感銘を受けたので、みなさまにも
シェアさせてもらおうと思う。

悟っちゃった人が共通して
言ってることの一つには

「苦しみはその人の思い込みに
よるものであり、実際に
起こっていることが原因ではない」

というのがあるが、これは
殴られても「俺は殴られていない」
と思い込めば痛くないという
意味ではなく、その痛さによって
(心が)苦しむことはない、という
ことのようだ。

友人曰く、

感情は心が創り出す幻(妄想)に
対する反応で、その幻の原因は
周りから受ける影響。そして、
その影響がカルマとなる。

というもので、
それを説明するために
友人は以下のような
例え話を使った。

催眠術師が、ある男性に

「僕が耳を揺さぶったら
あなたは三回その場でジャンプして、
ヨーデルを唄う」

と催眠をかけた。
そして、かけられた人は
その事を知らない。

で、催眠術師がさりげなく
耳を揺さぶったら、
いきなりその男性は
三回その場でジャンプして、
ヨーデルを唄い出した。

催眠術師は何も知らない
振りをして、男性に

「なんであなたはいきなり
ジャンプして、ヨーデルを
唱ったんですか?」

と尋ねると、男性は

「いやー、なんか体が
鈍ってるんでジャンプしたら
血行がよくなるかなーと
思って。そしたら気分が良く
なったので唄いたくなったんです」

とかなんとか、それなりに
言い訳になるようなことを
言った。

そして、催眠術師が耳を
揺さぶるたびに、男性は同じ
ことを繰り返し、その理由を
質問されると、毎回
もっともらしい言い訳を
創り出して答えた。

友人は、この催眠が影響であり
「こうしなければならない」
という思い込み、それが
カルマだと言った。そして、
そのカルマが盲点なのだと。

その思い込みを正当化し
自分を納得させるために
心は嘘の理由をでっちあげる。

そして、
思い込みの呪縛や、
それによって生じる
苦しみから逃れるには
それを手放せばいいだけで

対策を練って
必死に努力したり、
それを克服するために
奮闘したりする必要はないのだと。

友人はまた、自分自身の
子供時代の経験を実例に挙げて
以下のように説明した。

昔、アメリカの子供たちの間で
人気があったスポーツ万能な
スーパーヒーロー的なキャラがいた。

そのキャラに夢中になった
友人は、彼のようになりたくて
一生懸命努力したという(笑)。

しかし、どんなに頑張っても
友人は、どうしてもその
キャラみたいにはなれなかった。

そして、そのせいで
それまで大好きだった
スポーツをすることが全然
楽しくなくなってしまった
ことに気付いたのだという。(´・_・`)

この世に生まれ落ちた
その瞬間から、我々は何らかの
影響を受け、催眠をかけられている訳だが

その中で人間生活をするには
必要なもの(自分や他の生き物や
環境を傷つけたり、破壊したり
するのはいかんとかの基本ルールですなw)
以外のものは、出来る限り捨てて
身軽になっていくプロセスが、
修行とよばれるものなのかなと思う。

で、とことん落としてしまえば
その最低限の基本ルールも
関係なくなって、根源に還って
ゲームは完全に終了し、今度は
全くレベルもルールも違う
新たなゲームが始まるのだろう。

よろしければ、ご協力お願いします。

*この下に表示される動画やリンクは、うちとは関係ありません。(・ω・)

広告