What’s in a name?

file801343155029

スピリチュアル・ネームとでも
言うのか、アメリカ人で
インドな名前を使っている方とか、

(例:アジャシャンティさん。
しかし、日本の某お寺で住職を
されている、見た目は
アジャシャンティさんに
似ていないこともないスイス人の
方のジャパニーズな法名には全く
違和感が無い。何故だ???)

日本人なのにカタカナの
西洋ちっくな名前を使っている
方々

(例:カタカナ名前を持つ
日本の占い師さんとか)

に対して以前から偏見があった。

我ながら、なんと心が狭いことよ・・・(´・ ω・`)

と、そのことを常々非常に残念に
思っていたのだが、なんで自分が
そこまでどん引きするのか、
その理由を冷静に分析してみたところ、
結構すぐに答えが出て気が抜けた。

回答(多分):
その人物の見た目と、その名前が持つ
文化背景や特徴などに定義されている
既成観念とあっていないため、
拒否反応を起こす。

つまりそれは、相手を見た目だけで
判断しているから。

まぁ「自分が持つ特性や属性を、
それなりに正しく見極めた名前をつける」
というのが、人間社会での礼儀なのでは
という気がしないでもないが。

そんなん気にしてるのは私だけ???

以前、
【絶対にアメリカ人と間違われることは
ないであろう外国人】
の人が、
いかにも【ごく普通のアメリカ人です!】
みたいな名前を使っているのが面白くて
友人らと受けまくったことがあるのだが、
これも考えてみれば、偏見だよねー。

ちなみにこちらでお会いする
ノン西洋人には、本名とアメリカン名の
両方を使用している方が結構おられるが、
何故かそれには全く違和感を覚えないのが
不思議である。

ただ、私の知る日本人の方には、
そういうアメリカン名を使っている人は
いない

(アメリカンなミドルネームを持つ人や、
ノン日本人でも発音できるように
アレンジしているケースは除く)

ので、もしかすると、
この「自分に不相応な名前」について
こだわってしまうのは、
国民性なのかもしれない。

ま、なにはともあれ、
今回改めて自分の未熟さを思い知り、
初心にかえったところで、
マイ人生修行は続く。

よろしければ、ご協力お願いします。

*この下に表示される動画やリンクは、うちとは関係ありません。(・ω・)

広告