可能性と限界点

Screen Shot 2014-04-22 at 7.09.27 PM

A friend of mine has recently told me + others about a man who became blind when he was training to become a professional boxer. He gave up boxing and became a judo teacher instead.

What shocked me the most was when I heard that he had also taught himself how to program computers (my friend did not know how he did it) and got a job to support himself financially.

I suppose human potential is indeed infinite. Perhaps the only way we can find out for sure is to keep breaking through our own limitations – or rather illusions of them.


ボクサーの卵時代に事故で視力を失い全盲になり、柔道を習って師範になり、それだけでは生活していけずに独学でコンピューター・プログラマーになった人の話を聞いて驚愕した。

私にその話をしてくれた人も、彼が一体どのようにしてプログラミングを学んだのか判らないと首をかしげていた。

自分に何が可能で、可能ではないかは、本当に最後のギリギリまで自分を追いつめてみないと判らないのかもしれない。

お互い無限大ノーリミットのゴール設定で、頑張りましょう☆




よろしければ、ぽちっとご協力お願いします。

*この下に表示される動画やリンクは、うちとは関係ありません。(・ω・)

広告

可能性と限界点」への2件のフィードバック

  1. 自分の弱さというか乗り越えられないハードルが長年存在していて、今それを越えていく勇気を何とか沸き立たせようとしている真っ最中なんですが、ふと、ゆきさんのブログをのぞいて見たらこの記事が更新されていて、一つ強さをもらったような気がしました。どうもありがとう。

    • ありがとうございます。私も友達から聴いたこの方のお話、脳内で何度も再生して自らを信じる力を奮い立たせています。

コメントは受け付けていません。