絶望から始まる希望

wsj




NY時代、貧乏学生しながら
全く結果が出ないのにも関わらず、
ひたすら自分ではない何かを信じて
頑張っていた頃に、当時同じように
奮闘中だった友達と、帰宅途中の
電車の中で遭遇したことがあった。


私は空いていた彼女の隣座席に
座り、二人でしばらくお互いの
近況などを報告しあった。


その後、膝の上に置かれた
ウォール・ストリート・ジャーナルに
再び目をやった彼女は、とある広告を
見つけて


「うん、その通り!」


と言って私を見て笑った。


そこにあったのは、

When you hit the bottom,
all you can do is go up.


どん底に落ちた時はもう
上以外の行き場所は無い。

というコピーだった。


あれからもう、かなり
長い月日が流れた今でも、
時々この言葉を思い出す。




よろしければ、ぽちっとご協力お願いします。

*この下に表示される動画やリンクは、うちとは関係ありません。(・ω・)

広告

絶望から始まる希望」への2件のフィードバック

  1. 1年半ぐらい前に、体力的・健康的に、もう会社には戻れないなぁ・・・とわかっていて、それでも足掻いていた時が、気分的にはどん底だったかな?。

    今は、状況的にはプータローのままだけど、気分的には、楽だ。
    不思議だけど、案じている時は気分最悪、その状況になれば、そうでもない。

    「上以外の行き場所は無い」
    ありがと♪

    • そうなのですか。。。

      個人的には、一度どん底を経験した人ほど強い人はいないと確信しているので、今後もし何があっても、まるたさんなら大丈夫だと思います。

      余談ですが、少し前、目が見えなくなり、確か両腕の機能も失った中高年の女性が、障がい者の方をサポートする政府関連のコンサルタントとして成功され、素敵な旦那さまとも幸せな結婚生活を送られていることを知り、「人間に与えられた可能性って、本当に無限なんだな」と思いました。

      身近な例ですと、うちの両親も信じられないような状況を幾つも乗り越えてきてますし(私だったら絶対無理だなと思う(笑))、天はその人間に応じ、その人を一番成長させるような課題を与えるんだなと確信しています。

コメントは受け付けていません。