礼節

white


“Pain is a part of life.
Get used to it.”

苦痛は人生の一部だ。
とっとと慣れてしまえ。



私が心から信頼する師や
仲間はこの言葉通りの人生を
生きている(生きた)。


勿論、人間なので、
時にはぽろっと
愚痴めいた事を
漏らす時もあるが、


大概の場合、
彼・彼女らは黙って
心と身体の痛みや
苦しみを乗り越えてきた。


そのうちの一人
心は強かったが
身体がデリケートすぎ
去年末に闘病の末に
亡くなった。


誰が見ても決して
病人だとは思えないほど
常に明るくて楽しそうに
笑顔を浮かべている人だった。


「ぶちぶち文句を言ったり
くよくよして暗い気を放出する
人間は、他の人々に有害なので、
辛い時や悲しい時でも、
元気な振りして笑うのが、
人間としての礼儀!」



というような内容の
斎藤一人さんのトーク*
聞いたことがあるが、


なかなかそういう
礼儀を知る人は少ないようだ。
勿論、その中には自分も
真っ先に入っている(笑)。


礼儀を守らなくても
無条件で許されるのは
子供のうちだけだ。


私は日本にいた頃は
毎日がバトルモードだったので
誰かに甘えたという記憶は
皆無なのだが、


アメリカに来て、
師や仲間と出会ってからは
自分よりもすんごいしっかり
している彼・彼女らに
いつも甘えていたように思う。


もういい加減、それは卒業し、
年齢だけでなく、中身も
きちんと自立した大人になろう。


自分の世界は
自分にしか創れないし、
それを経験したり、
本当の意味で知ることは、
他の誰にも出来ないのだから。




*実際はもっと過激に「そんなグチグチして他人の気持ちまで悪くさせるようなヤツは、いらないから逝っちまえ!」みたいな感じだったのだが、それは一人さんの命がけの愛の表現だと思う。そういう人達を助けたいがために、わざわざ実費でこういうする話するために時間と労力費やしているような仁義でカッコいいおじさんだし(笑)。彼の哲学の中には、同意しない内容もあるけど、私は一人さんは本物の愛の人だなと思って心から尊敬・敬愛している。(・∀・) 一人さんの話はこちら。↓





よろしければ、ぽちっとご協力お願いします。

*この下に表示される動画やリンクは、うちとは関係ありません。(・ω・)

広告

礼節」への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。