お金のハナシ

money



わたくしは以前、
不注意で税金書類の
記入を間違えた数年後、


こんなん、どうやって
払えと言うの・・・(・ω・。)



と真っ青になるくらいの
罰金+利子の請求をされた
ことがありますが


自営業の私の友達は、
国から払い戻されるはずの
数年前の多額の税金を(100万円以上)
同じく不注意で、指定された
期間内に受け取るのを忘れ、
見事に破棄されたことが
あるそうです。


しかも、その間、別の税金は
きちんと請求されていたという。。。


(この期間内だけ
借りたお金返すけど、
それ過ぎたらチャラなんて
普通ならありえんですよね。

しかも借金踏み倒して
おいて、別口で更に
集金するとは、もはや、
悪徳商法のよう・・)



と思うと、別の友人が
とあるブツに投資し、
13ドルを3ヶ月でいとも
簡単に1000ドルに
増やしたという話を聞き、


お金って一体なんなんだ???


とあらためて不思議な
気分になる今日この頃です。


その人がもし13ドルじゃなくて、
2000ドルくらい投資してたら、
今頃ミリオネアですもん。。。


まぁ株はバクチだとは
よく言われますけども(笑)。
そういや、私が知る
バクチに強いとある方は、


勝ったお金はあぶく銭なので、
すぐに使うのが礼儀、



みたいなことを言ってました。


思うに、あんまり執着せず
必要な時に必要な分だけ
手元にあるようにしとけば
いいってことなんですかねー。


私自身は、去年あたりに知った
某ネット起業家(?)の
K坂さんが仰っていた


「お金のことを
一切考える必要がないほど
豊かになり、美しく生きる」



という言葉に感銘を受けたので
がつがつはしたくありませんが、
自分にリミッターをかけず
ありとあらゆる豊かさに
対してイエスと言う態度で
進んで行きたいと思います。(・∀・)




よろしければ、ぽちっとご協力お願いします。

*この下に表示される動画やリンクは、うちとは関係ありません。(・ω・)

広告

お金のハナシ」への2件のフィードバック

  1. アメリカは自己責任が徹底しているから、日本のようにごね得ってないだろうな?
    たぶん日本の保険なら、「そんな小さい字見えるわけないやん」とか「不払いなんとちゃうか?」というだけで、保険会社の方が、めんどくさいことを嫌う傾向があるようで、ごね得がまかり通るようですが・・・。

    そのかわり、日本では、なかなか自己責任は育ちません

    • 「ごね得」という言葉、初めて聞きました!訴訟社会のアメリカでも、そういうのはたくさんあるようで、市営公園を歩いていてこけて怪我して、市を訴えてお金もらった人なんかもいますよ(笑)。

コメントは受け付けていません。