エドガーの物語

レオナルド・ディカプリオ主演の
「J. Edgar」。

全く期待していなかったせいか、
最近DVDで観て、とても感動しました。

そして、観終わったあと
監督がクリント・イーストウッドさんだ
と知って、深ーく納得。。。

なんというか、非常に美しくて
切ない映画だなと思いました。
久しぶりに胸を締め付けられた
感じですね。

私、実をいうとディカプリオさん
嫌いだったんですが(笑)
これ観て、

「あー、やっぱりこの人
凄い才能がある、実力派の
役者さんだったんだ」

と思いました。

業界のコネだけで、長年
活躍できるほどハリウッドは
甘くないよね。

それにしても、
この人くらい、泣く演技が上手い
男性の役者さんって、あんまり
いないような気がします。

またご覧になってない方で、
これ読んでアンテナが反応した方は
是非一度、ご覧になって下さい。

ちょっと長いですが、
誰かの50年+の人生を
2時間ちょっとで観られると思えば。。。
ね?(・∀・)



Screen Shot 2013-07-17 at 1.42.16 PM

・・・・・・・・・・・・・・

よろしければ、ご協力ください。

 

広告

エドガーの物語」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです!

    ディカプリオさん、以前はボクも嫌いでした

    なのですが、ギャングオブニューヨーク辺りから印象かわりましたね

    以前はどこかヒヨイイメージがあったんですが

    現在は昔ほどヒヨい印象もあまり無く今ではけっこう好きです(笑)

    エドガーももう一度見直して観ます!

    • Sakaiさん、
      おひさしぶりですー。お元気ですか?コメント、ありがとうございます。

      そういえば、ディカプリオさん、デビューして人気でた頃、
      アメリカでも男性陣からは同じ理由で受けが悪かった記憶が(笑)。

      ひよわな感じで、女性に甘えるヤワ男みたいなイメージが原因かと思うんですが、最近の彼は、年と共に貫禄がついてきたというか、意外とマフィア役とかやらせると、実は上手かったりして。。。彼もマフィアで有名なイタリア系なので、そういう血なんでしょうかね(笑)。

      あと、公開はまだまだ先ですが、キアヌ・リーブスがサムライ役の映画が出来るそうですよ。原作は47人の浪士(?)とかいうやつ。。。トレーラー観る限り、もうなんちゃってアジアン映画になっちゃってますけども。ごく一般のアメリカ人には、中国も日本も東南アジアも多分全部同じなんだろうと思うけど、あれはちょっと凄かったです。

      出演してる真田広之さん、監督や関係者に何か一言、言ってあげたらよかったのに。。。と思ってしまいました。(・∀・)

コメントは受け付けていません。