人間力の凄さを実証した小学生Tさんの話 ④


students

いじめっ子と、いじめられっ子の
両方経験した自分の中には、

クラスで一番権力が強い人=いじめる
クラスで一番権力が弱い人=いじめられる

というルールが形成されていました。

なので、そのどちらでもない
真ん中にいれば、常に安全が
保障されるという訳です。


その人が持つ条件や環境などで
計算や予測がしやすく
ある意味、判りやすい大人の世界での
いじめとは違い、子供の世界には、
不可解な論理が存在するというか、
理屈を覆すようなケースが時々起こるようで、


昨日まで人気者だった
〇〇さんが、何故かある日突然、
いじめられっ子になる!というケースも
多々起こっていました。



hiyoko

私の場合も、クラスで一番人気が
あったRちゃんと共にちびっこ
ギャングみたいなグループを作り
他のクラスの皆を煽るような
先生を泣かすような悪さをして
周りから一目置かれてた時期が
あったかと思えば、

朝、教室に行ったら壁に貼ってあった
クラスの集合写真に映った私の顔の
部分だけがぐりぐりとえぐったように
剥がされていたような時期もありました。


ただ、いじめられたとは言っても、
そんな大したことはされてなくて、
さりげなーく無視されたり、
きっつーい嫌味を言われた位で、


私がいじめっ子だった頃に
相手にしてた事考えると(聞かないで)、
結構ぬるいかな、という気もします(笑)。


当時、私は家に帰るとほぼ毎日
母親にボコられていたので
地味にじわじわ来る同年代の子供の
意地悪くらいには反応しないように
なってたのかもしれませんが(笑)、


ヤ◯ザの息子で、体つきも大きく、
ドスの利いたガラガラ声で
放送禁止用語をクラス内で発言しまくり
小学生の癖にすでに極道の雰囲気を
醸し出していて、他の生徒らからは
怖れられていた同級生のM君と何故か
常に友好関係を築いていた私には
多少、手加減してたのかもしれません。
猛犬飼ってる子供には近づかない、
みたいな。(笑)


(と言っても、M君が私を守ってくれた
とかそういうエピソードは皆無ですけどw。
戦う時はいつも一人だったので。つか、
そもそも周りにいる人間は誰も信用
してませんでした。全員、原始的で馬鹿
ばっかだと見下していたので。これじゃ
嫌われるのも、当たり前かwww)


Tさんが登場した時、
私の脳裏に浮かんだのは、
M君というバッファーがないTさんに
現在の自分の【一番弱い人】の立場を
バトンタッチすれば、自分は安全ゾーンに
逃げられる!ということでした。


しかし、Tさんは、私には想像も
出来ない秘密武器を持っていたのです。

・・・・・・・・・・・・・・

読んでよかったと思ったら押してプリーズ。
時間を返して欲しい方は押さないでプリーズ。

広告