人間力の凄さを実証した小学生Tさんの話 ②

amadoi
 

幼い頃、両親は常に私の
容姿をけなしていたのですが、
周りの大人や、他の人間は
逆に私をやけにチヤホヤしたり、
特別扱いしたりしたので、
私はプライドが高いくせに
劣等感の塊のような性格に
なりました。

そして、学校の中では
自分の役割というか
社会的立場が毎学期のように
コロコロ変動したので
いじめられっ子と
いじめっ子の両方を
体験しました。

(そのどちらも、あれが
人生で最初で最後の経験で、
もう二度としたくないです(笑))

Tさんが私たちの学校に
転校生としてやって来たのは
丁度私がいじめられっこに
なっている時期のことでした。

彼女が初めて私たちの教室に
現れた時、おそらくその場にいた
クラスの全員が、一瞬息を
飲みました。

Tさんは、私がそれまでに
見たことのないような
女の子でした。

・・・・・・・・・・・・・・

読んでよかったと思ったら押してプリーズ。
時間を返して欲しい方は押さないでプリーズ。

広告