イネイブラー

photo-1444167827109-712640e22c8e

(日本語版は下にあります)

Never half-ass two things. Whole-ass one thing.
– Ron Swanson

I’ve learned a difference between compassion and enabling after being suckered by some panhandlers I met in the past.

Last time when someone approached me asking money for food, I took him to a restaurant and bough him a couple of sandwiches instead.

Today, a young Spanish girl with watery eyes approached me asking money for bus and train fare to get home. She said that she was just being kicked out of her boyfriend’s apartment and wanted to go home.

I couldn’t tell if she was really crying or was under the influence of alcohol or narcotics. She looked like a normal, healthy and cute high school girl who is really upset so I had assumed that something bad had happened to her whether or not her story was true and that she needed money.

I asked her where her home was and she told me. It was about 15 miles away from where we were. I then offered her a ride to which she politely declined. She said she needed $5 to take a bus and rail right now since the bus was coming soon. Sounds pretty sketchy, I know.

I only had about 4 dollars on me and asked her to wait while I go to the store and get more cash. She didn’t even want to wait. Yep, she’s scamming. I looked into her eyes and said once again,

“If you are telling the truth, I will be happy to take you home.”

Again she said no, saying that she didn’t want to burden me anymore and thanked me nervously. I knew she was lying but wished her best of luck and walked away after giving her the money.

Later on, I Google’d different types of panhandlers and was saddened to learn there’s a kind of a young female panhandler who scams people to buy drugs or alcohol for her boyfriend.

I probably just wanted to believe that the girl was telling me the truth but if I really believed her, I would have asked her to wait for me to take her home.

My new lesson learned today is: “Act of half-assed kindness is equal to enabling and if you make a choice, stick with it until the end.”

If not for the bus and train fare, I hope at least that she used the money to buy chocolate or nail polish instead of booze or weed for her boyfriend.

以前、何度か怪しい人の話を
鵜呑みにして騙されたことが
何度かあった。

それ以来、道端で誰かに
何らかの理由で困っているから
お金をくれと言われると
きっぱり断るか
お金をあげるかわりに
実際に食べ物を買って
それをあげるようにしていた。

なので、本日買い物に行く途中、
一見ごくごく普通の高校生くらいの
スペイン系の少女が寄ってきて、

家に帰るためのバスと電車代の
5ドルをくださいと
目を潤ませながら言ったとき、

私が車で家まで連れて
行ってあげるとオファーしてみた。
すると、少女はなんやかんやと
理由をつけて断ろうとする。

(・・・怪しい・・・)

と思いつつ、お財布を
チェックすると、たまたま
20ドル札と1ドル札が
3枚しか入っていなかったので

「もう少しここで待ってくれたら、
買い物したおつりで5ドル
あげられると思うけど」

しかし、少女は
でももうじきバスが来るから
待てない、今から他の人に
頼んで足りない分をもらうから
大丈夫と言う。

「急がなくても、私が
買い物している間待っててくれたら
ちゃんと家まで連れて行ってあげるから」

ともう一度オファーしたが

「いや、もうこれ以上あなたに
迷惑をかけるのは何なんで」

みたいな曖昧な言い訳を繰り返すので

(この子は絶対に嘘をついている)

と確信しつつ、別にお酒を飲んでいる訳でもなく
変な薬でラリっている風でもなかったので
何かの理由でお金が必要なんだろうと思って
手持ちの3ドルと小銭、全額4ドル弱を
彼女に手渡した。

数分後、買い物を終えて店を出たあと
あたりをチェックしてみたが
少女はもういなかった。

それからなんとなく気になって
ネットでいろいろ調べてみると
こういう「バス代ください」のケースは
90パーセント以上が詐欺らしい。

で、そのうち彼氏にお酒や薬を買うための
お金をそうやって稼ぐ若い女の子もいると
書いてあったので、今回の少女も
それかもしれないと思った。

彼女が嘘をついていることに
気が付いていたのに、そのまま
お金を渡しイネイブラー*となって
しまった自分の行動を後悔した。

私はおそらくあの少女が
嘘をついていないという
1パーセントの可能性に
賭けたかったのだろうが

それならお金は渡さずに
彼女に待つように頼んで
家まで送り届けるべきだった。

優しさも厳しさも
中途半端なものはよくない。
それを身を以て学んだ
一日であった。

もしバス代や電車代に
ならなければ
せめてあのお金は
彼氏の薬や飲み代ではなく
彼女の化粧品や飲食代に
消えたことを祈りたい。





*イネイブラー(enabler)
とはアルコールや薬物、
ギャンブルなど何らかの
依存症や問題行動を
“可能にしている”人のこと。